水中ウォーキングでダイエット

水中ウォーキングダイエットのススメ

当サイトをご覧いただきましてありがとうございます。

 

このサイトでは、水中ウォーキングを活用して
ダイエットや肉体改造を行なうための情報をまとめていきます。

 

 

はじめに、ネット上には「水中ウォーキングは効果がない」
みたいに書かれていることもありますが、
正しい方法で実践すれば効果は確実にあります。

 

正しい方法・しっかりとした負荷をかけて
水中ウォーキングを行えば、
ダイエット効果は大幅にアップします。

 

「冷えるのでは」という意見もありますが、
筋肉がしっかりと発達してくると
冷え性が改善されるケースもあったりします。

 

ここまでカラダへの負担がかかりにくく、
ここまで誰もが実践しやすいエクササイズは
他には無いと個人的には思っています。

 

水中ウォーキングは、
ダイエット効果はあります。

 

 

「痩せない」といったネガティブな情報が
ダイエットをする人の脳の中に入ってしまうと、
ものすごく痩せにくくなってしまいます。

 

潜在意識に「痩せない」という情報が組み込まれると、
潜在意識が「痩せにくいカラダ」に自動的に変化させます。

 

水中ウォーキングは「痩せる」エクササイズですので、
この点は、安心してくださいね。

 

注意してくださいね。

 

普通のウォーキングと水中ウォーキングの違い

 

一般的なウォーキングを長時間行っていると、
膝や腰、股関節などに痛みが起こりやすくなります。

 

以前は「歩けば歩くほど健康効果が高い」と言われていましたが、
現在の考えでは、普通のウォーキングを長時間行いすぎると
逆に健康を害する可能性が出てきます。

 

膝の痛みをかばうことで生活しにくくなり、
筋肉量が落ちて基礎代謝量が下がり
いろいろな病気の要因になるとも言われています。

 

もともと筋力のある方や
関節や靭帯組織が頑丈な方は、
普通のウォーキングでもOKだと思います。

 

でも、痛みを抱えていらっしゃる方や
体力が極端に弱っている方には、
長時間のウォーキングはNGとなります。

 

 

その点、水中ウォーキングは、
あらゆるスポーツの中でも
カラダへの負担は最小レベルだと言われています。

 

水の浮力が加わることで、
関節に負担をかけることなく
筋肉だけを鍛えることができます。

 

また、心肺機能を高めるのにも有効で、
無理なく呼吸器官を鍛えることができます。

 

筋肉がしっかりと鍛えられて、
呼吸もスムーズに行えるようになると、
自然と基礎代謝量が上がり太りにくくなります。

 

水中ウォーキングで姿勢を整える

 

水中ウォーキングを行っていると、
バランスを保つための筋肉が鍛えられます。

 

水の中を歩くということは
想像以上にパワーが必要です。

 

カラダがぐらついた状態では歩けないので、
自然と姿勢やバランスが保たれるようになります。

 

特に、脊柱起立筋と呼ばれる
背骨を支える筋肉が鍛えられるので、
ビシっとした姿勢になりやすいです。

 

姿勢を保つ筋肉をしっかりと鍛えると、
筋肉の中に多く存在している
ミトコンドリアが活性化されるようになります。

 

ミトコンドリアは、
エネルギーをうまく産み出す細胞なので、
自然と脂肪燃焼効率が高まるようになります。

 

太りやすい体質の方は、
姿勢を保つ筋肉をしっかりと鍛えて
ミトコンドリアを活性化させる必要があります。

 

 

水中ウォーキングのポイント

 

水中ウォーキングで効率的にダイエットを行う場合、
以下の点をこころがけてみてください。

 

1:前傾姿勢で行なうこと

 

水中ウォーキングを行う場合は、
少し前傾姿勢で行なってください。

 

猫背のように「頭だけ」前かがみになるのではなく、
「腰から上全体」で前傾姿勢を行なってください。

 

前傾姿勢で歩くことによって、
背骨を支える筋肉や腹筋に対して
適度な刺激が加わるようになります。

 

水全体をグイグイと押し込むような感じで、
全身を使って歩いてみてください。

 

まっすぐな姿勢で歩くことも可能ですが、
腰を痛める危険性が高まります。

 

特に腰痛や椎間板ヘルニアを抱えている方は、
背スジをまっすぐにして歩くのではなく、
軽く前傾姿勢で歩くようにしてくださいね。

 

 

2:慣れたら肩まで入水すること

 

水中ウォーキングに慣れてきたら、
肩までしっかりと水の中に入れた状態で
グイグイ歩くようにしてください。

 

水中ウォーキング用の浅いプールでも、
水の中まで上半身をつけるようにして
腕をしっかり振りながら歩いてくださいね。

 

水の中で腕を動かすことによって、
腕だけでなく背中や肩周り、
腰回りの筋肉を鍛えることができます。

 

また、胸の筋肉を鍛えることもできるので、
バストアップにもつながります。

 

上半身を入水させないで歩いていると、
上半身の筋肉は鍛えられないので
効果が半減してしまいます。

 

筋肉をしっかり鍛えるためにも、
上半身も水の中に入れてくださいね。

 

 

3:できるだけ大きくカラダを動かすこと

 

できるだけ歩幅を大きくして、
できるだけ上半身を大きく動かすことで、
消費カロリーがグッと上がるようになります。

 

筋肉もしっかりと鍛えられるようになるので、
太りにくい体型にすることが可能です。

 

 

水中ウォーキングに失敗する人の中に
「時間・距離だけを気にする」タイプの方がいます。

 

時間や距離だけを気にして、
歩幅や上半身を気にしないで歩いていると、
効果が激減してしまうんですね。

 

大きな歩幅で大きく腕を動かして、
全身をしっかりと動かすことによって、
水中ウォーキングの効果が最大限に高まります。

 

時間や距離が気になるのもわかりますが、
しっかりと動かすことのほうが重要です。

 

注意してくださいね。

 

 

水中ウォーキングを行うにあたって、
他にもいろいろな細かいポイントがあります。

 

そうした細かい情報は、
他のページでまとめていきますので
ダイエットの参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

ぜひ取り組んでいただければと思います。

 

 

管理人:岡本

効率的に簡単に痩せたい方へ

 

水中ウォーキングを実践する際の注意点

 

体脂肪を【バンバン消費する細胞】を活性化する方法

 

着ているだけで【姿勢矯正&筋トレ】できるシャツ

 

体脂肪燃焼ボディメイクDVD【100%返金保証】

 

Sponsored Link
Sponsored Link

Sponsored Link